<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
SEARCH
<< 正徳館との合同チームが初勝利 | main | 高校野球の原点、見せてくれた佐賀北 >>

近郷リーグ戦、三条商に0-7

20日午前3時ごろ、ものすごい雷と雨。びっくりして目を覚まし、電気製品の損傷が怖くいのでブレーカーを落としました。

こんな天気では試合は中止だなと思ったのですが、朝になったら晴れ。近郷リーグ戦の5-6位決定戦が行なわれたと聞きました。

正徳館・栃尾合同チームが出た5-6位決定戦は、三条商が7-0、7回コールドで勝ったとのことです。合同チームのバッテリーは佐藤 (正徳館) - 斎藤 (栃尾) でした。7点与えたのはともかく、1点も返せなかったのはちょっと寂しかったですね。
次は秋の大会。人数不足で出場できないかと心配しているのですが、助っ人 (サッカー部員?) が来てくれそうな情報もあります。出場できるよう祈りましょう。

さて甲子園はいよいよ明日が決勝戦。今大会でいちばん驚き、また勇気づけられているのは佐賀北高校活躍です。

普通の県立高で、特に目立つ選手がいたわけではない。「グラウンドもサッカー部と半分ずつの使用で、ナイター設備もなし−と、どこにでもある県立の高校」(夕刊フジ) といいます。

2本柱の投手の1人、馬場くんは身長163cmしかありません。それでも今日の準決勝・長崎日大戦で先発し、7回まで投げて無失点。コントロールが素晴らしい! (佐賀北は今日の先発メンバーのうち、投、捕、一、二、遊、中の6人までが160cm台の「小柄」選手でした。参考:佐賀新聞記事

このところテレビ観戦する時間がないのが残念。夜のスポーツニュースや『熱闘甲子園』で映像を見るのが楽しみです。
2007.08.21 Tuesday 20:57 | comments(0) | trackbacks(1) | 高校野球 | 









佐賀新聞
佐賀新聞佐賀新聞(さがしんぶん)は、佐賀市に本社を置く佐賀新聞社が発行する佐賀県の日刊地方新聞である。概要*佐賀県内では、購読率が他の全国紙、ブロック紙より最も多い。*題字は副島種臣の書である(1884年創刊当初の題字を、創刊100周年を迎
| なつみのblog | 2007/08/24 3:28 AM |