<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
SEARCH
<< 川上さんに続け、応援メッセージ | main | アメリカからの最終記事 >>

Field of Dreams


 11日にカリフォルニアからアイオワに移動。きのうは映画『フィールド・オブ・ドリームス』(主演ケビン・コスナー)の舞台になった地を訪ね、野球部用にサインボールとポスターを買いました。
 こちらはまだ13日ですが、日本はもう14日の昼過ぎですね。夏の大会1回戦は2日後。ナインの調子はどうでしょう? 矢沢君の怪我は全快したでしょうか?
 僕の帰国は16日夕方。もし雨による順延などがなければ、1回戦は僕が太平洋上を飛んでいる時になります。不謹慎かもしれませんが、雨が降ってくれるといいな。本大会は全て球場で応援したいですから。

 アイオワは、一昨年夏から昨年夏まで秋葉中と刈谷田中で教えていたヤラ・マクレインさんの故郷。そのご両親を訪ねています。彼らが昨年春に栃尾にいらしたときに案内した縁で知り合い、同じベビー・ブーマー(団塊の世代)ということもあって意気投合した仲です。「カリフォルニアに来るならアイオワにも」との招待に甘えています。

 住まいはシーダーラピッズという都市部。マクレイン家は高速インターネット接続サービスを使っていて、僕の『iBook』も問題なく接続できるため、こちらに来て初めて写真を掲載することもできます。上の写真は、そう、フィールド・オブ・ドリームスの舞台です。

 昨日は山荘に滞在。途中でミシシッピ川に足を浸したり、フィールド・オブ・ドリームスの舞台を訪ねたり、夜は多くの蛍が飛び交う幻想的な暗闇を経験したりしました。

 アイオワは農業の州。緩やかな起伏の土地に農地や森や林や川。広い道路でもあまり車が走っておらず、「貸し切り」状態かと思えるほどの時もあります。家や車に鍵をかけなくても良いほど安全なことも大きな魅力。日本の旅行者も観光地ばかりでなく、アイオワみたいな所に来てみるといいのではないかなと感じているところです。少なくとも僕はすっかり気に入りました。

 あちこち動き回っていろいろ新しいことを経験しているため、けっこう早寝早起きの毎日。今こちらは13日午後11時。眠くなって頭が回転しませんので、この辺で寝ます。

 2週間はあっという間。明後日はこちらを発たねばなりません。発つ前にもう1度、短くても記事を送りたいと思っています。
2006.07.14 Friday 11:40 | comments(1) | trackbacks(1) | 高校野球 | 
kenta-ok (2006/07/16 10:10 AM)
If you build it, he will come. 印象に残っています。









マグロ君が一番感動した映画
マグロ君の趣味の一つはDVD収集。200本以上のコレクションがあります。 (自慢){/hiyo_en1/} これまで観た映画でマグロ君が最も感動した映画は・・・・・・。{/kirakira/} ケビン・コスナー主演、【フィールド・オブ・ドリームス】で〜す。{/usagi/} ケビン
| 世の中のうまい話 | 2006/08/21 10:11 AM |